絶望の国の幸福なオタク

軽率な沼の腐女子が徒然なるままに日暮らし硯に向かいて

艦これの電ちゃんについて語ります! #YOME_LOVE

毎日楽しませて頂いている好きなキャラ #YOME_LOVE Advent Calendar 2013

12月8日を担当致しますりかりおです。

どうか、よろしくお願いいたします。

本日は、大人気ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』通称『艦これ』より、暁型駆逐艦四番艦の電ちゃんについて語ります!

提督歴はまだ3ヵ月くらいと短めですが、その辺は電ちゃんへの愛でカバーなのです!

ではでは。

第一艦隊、第一水雷戦隊、出撃です!

 

●電ちゃんとの出会い

ゲームを始めると最初に5人の艦むすから1人選んで艦隊にお迎えできる訳ですが、電ちゃんはその5人のうちの1人です。

他の4人も可愛いのですが、その中でも特に電ちゃんのビジュアルが私好みだったので彼女をお迎えしました。

こちらの動画ではその最初に艦むすを1人選ぶ場面の様子が見られます。


【艦これ】 電ちゃんと行く! 艦隊これくしょん Part1 【ゆっくり実況】 - YouTube

改めて見てみると、毎日牛乳飲んでる設定とかはゲーム内では別段活かされてませんよね。

改二になったら牛乳の成果が出てしまうのでしょうか…。

提督は心配です。 (切実)

 

●電ちゃんの見た目 

ではここで改めて電ちゃんの全身画像を見てみましょう。

f:id:rikario:20131204234709p:plain

 ご覧くださいこの幼児体系!とても愛らしいですね!!

セーラー服って私の中ではすっかり学校の制服としてのイメージが定着しちゃってまして、電ちゃんはセーラー服を纏うには幼過ぎるような容姿にも思えますが、そのアンバランスな感じが逆に良いなって思います!

全長100mを超える軍艦を元にこんな可愛い子を生み出せるなんて素晴らしい才能です!

そしてあどけない表情と手に抱えている推定2.5トンの魚雷とのコントラストが絶妙!!電の本気見せてます!!

ちなみに暁型は電ちゃんの他に3人いる訳ですが電ちゃんだけハイソックスはいてますね膝小僧が無防備です絆創膏貼りたいです!!!!!(謎の願望)

 

続いてこちら中破・大破時の電ちゃん。

f:id:rikario:20131204235302p:plain

嗚呼お労しや…。

あまりこの姿にはさせたくないものです。

提督だけど身代わりになりたいです。

そう、提督だけど電ちゃんの盾になりたいのです私は。

守りたいその笑顔。(公式絵で笑顔って恐らくないのですが)

 

●電ちゃんの声

電ちゃんは声質も大変に魅力的なのです!

特に私が好きなのは、電ちゃんが小破してしまったときの声です。

某攻略サイトでは「はりゃあーっ?!」という表記になってまして、今までに聞いたことのないひらがなの並びと電ちゃんの発声がよく合わさってます可愛いです。

 

●電ちゃんの台詞

電ちゃんの台詞は色々ありますが、特に好きなのが勝利を収めてMVPを取ったときのものです。

「戦争には勝ちたいけど、命は助けたいって…おかしいですか?」

駆逐艦電が敵艦の乗員の救助に努めたという史実が反映された一文となっております。

史実を反映したと思われる台詞としてはこの他にも

「沈んだ敵も、出来れば助けたいのです…」

というのがありますが、MVPを取ったときの台詞の方が、なんというか電ちゃんの欲が垣間見えるような気がして好きです。

戦いに勝利するために生まれてきた存在ですから勝ちたいと思うのは道理ですが、でも同時に死なせたくない助けたいという思いもあるんだなぁと。

このままならない感じが非常に魅力的だと思えるのです。

 

●電ちゃんの強さ

可愛さも大事ではありますが、そもそも艦これは敵を倒すゲームですから強さも大事です。

艦これでの駆逐艦は雷撃戦以降でないとなかなか活躍してくれないということもありますが、夜戦での駆逐艦は頼もしいですよね。

現に我が艦隊の電ちゃんも、この前の夜戦で無傷の軽空母を一撃で仕留めてくれました!!

誰ですか微妙って言ったのは!

我が艦隊の電ちゃんは潜水艦も仕留めてくれるしとっても頼もしい艦むすです!!

 

 

●電ちゃんと私の今後の予定

当面は電ちゃんと一緒に3-2突破目指して頑張ります。

電ちゃんはグッズとか見てても比較的推されてる艦むすなので、改二の実装や新たなボイスの追加を大人しく待ちたいと思います。

 

 それでは、今日のところはこの辺で。

ここまで読んで頂いた方、どうも有難うございました!!

好きキャラアドベントカレンダー終盤の12月23日も担当させて頂きますので、そちらもどうぞよろしくお願いいたします。

23日は、黒子のバスケの降旗くんについて語ります。

火中の栗を拾いに行くようです。